HOME > 商品情報 > 雑草・芝生・コケ対策 > 使う場所から選ぶ > 芝生が生えている場所 > 芝生を張る

雑草・芝生・コケ対策

芝生の基本的な管理に戻る

芝生を張る

芝生を張るのに適した季節は春と秋です。初めて芝生を張る場合は、生育期が長く取れる春の方が管理しやすいでしょう。最近は酷暑により、夏は芝生の生育が止まることがあるので早い時期に張ることをオススメします。
あらかじめ芝を張る場所の面積を測って買いに行きましょう。
全体的に隙間なく敷きつめるベタ張りは、芝張から最も早く綺麗な芝生に仕上がります。それぞれの切り芝の間を2cm程度あけて互い違いに張る目地張りは、切り芝の数が少なくて済むので経済的です。


市松張り




目地張り




条張り


平張り


芝を張る場所の整備をします。
芝は日当たりの良い土地が適しているので、日陰になる枝などがあれば切っておきます。
水はけが悪い所にも根付かないので、砂を混ぜたりして周囲より高くします。
芝を張る場所を深さ15cm程度耕し、石や植物の根などの異物を取り除き、大きな塊などを崩しながら化成肥料を加えて全体を均一にならします。
軽く踏みならして土を安定させた所に切り芝をベタ張りや目地張りに並べていきます。
その上に目土を均一にかけていきます。目地の部分を埋め芝の先端が少し出るくらいに目土をかけ、コテで目土が平らになるように仕上げます。
最後に芝の下までたっぷり水をやります。
水が行き届いているか端の芝をめくり確認してみましょう。

適した薬剤

シバキープⅡ粒剤 

日本芝の中に生えた雑草を枯らす芝生用除草剤。約3ヶ月効果が持続。

シバキーププラスα

芝生に生える雑草の「除草&予防効果」と「肥料効果」で芝生をきれいに育てます。約3ヶ月効果が持続。

詳しく見る

シバキープエースシャワー

一年生イネ科雑草も枯らす、芝生用シャワー除草剤!

シバキープエース液剤

【日本芝専用除草剤】うすめて使う除草剤!クローバーやカタバミにも

シバキープAL

●日本芝(こうらいしば)とケンタッキーブルーグラスの中に生えた雑草に散布するだけで、葉や茎から成分が...

詳しく見る

シバキープPro顆粒水和剤...

芝生に生えるしつこい雑草を根まで枯らして効果長持ち。

詳しく見る

シバキープPro芝生のサッ...

パラパラまくだけで芝生に堆積した刈りカス(サッチ)を分解し、健全な芝生の育成をお手伝い。

詳しく見る

シバキープシャワー液肥

芝生の葉色を鮮やかにする液体肥料。

詳しく見る

スミフェート粒剤(芝生...

芝生に使える殺虫剤。パラパラまくだけで嫌な害虫を退治。

詳しく見る