HOME > 雑草対策 > 使い方

使い方

雑草とは

少し手を抜くと、あっという間に大地を埋め尽くしてしまう雑草たち。草の生い茂る春から夏にかけて、草むしりはとてもつらい作業です。しかし放っておくと、いや〜な虫の棲み家となり、環境衛生上もよくありません。 除草剤をかしこく使えば、よけいな手間や費用をかけず簡単に雑草を管理することができます。使う場所や状況によって効果的な除草剤は異なるので、目的にあったものを選ぶことが大切です。

家庭用除草剤の安全性について

レインボー薬品の除草剤は各種毒性試験を実施し、安全性を確認しています。

除草剤は自然の力でどんどん分解されます

雑草とは

雑草は景観を乱すだけでなく、さまざまな人間生活における問題の原因となりますので、人の手でコントロールする必要があるのです。

なぜ、雑草を放っておいてはいけないのか

農業的な側面から
  • 図:病害虫を伝搬する

    病害虫を伝搬する

  • 図:作物が利用すべき栄養・水・光・空間を奪う

    作物が利用すべき栄養・水・光・空間を奪う

生活的な側面から
  • 図:害虫・害獣を呼ぶ

    害虫・害獣を呼ぶ

    • いや~な虫が発生
    • ヘビやネズミなどが藪に隠れてやって来る
    • かぶれる・・・etc
  • 図:美観を損ねる

    美観を損ねる

    • 雑草が伸び放題の土地は見苦しい
    • ゴミ捨て場にされる・・・etc
  • 図:犯罪を呼ぶ

    犯罪を呼ぶ

    • 犯罪者が姿を隠せる
    • 枯草に放火される

「草刈り」と「除草剤」の違い

なぜ、雑草管理には除草剤が必要なのでしょうか。それは「草刈り」と「除草剤」での処理後の違いにあります。

「草刈り」をした場合

  • 図:「草刈り」をした場合1

    「草刈り」をした場合

  • 図:「草刈り」をした場合2

    すぐきれいになる
    刈りカスの後始末が大変
    根が残る

  • 図:「草刈り」をした場合3

    根が残っているので刈り取った直後から再生が始まる(再び伸び始める)

「除草剤」で枯らした場合

  • 図:「除草剤」で枯らした場合1

    「除草剤」で枯らした場合

    【葉茎処理剤】
    ・根まで枯らす

    【土壌処理型】
    ・根まで枯らして長期予防

  • 図:「除草剤」で枯らした場合2

    枯らしてから片づけるので、作業が非常に楽
    根まで枯れる

  • 図:「除草剤」で枯らした場合3

    雑草の生えていない状態が長く続く