HOME > 使い方 > 雑草対策 > 土壌処理型+茎葉処理型

使い方

速く枯らして、雑草を生やしたくない 土壌処理型+茎葉処理型除草剤の使い方

土壌処理型+茎葉処理型とは

土壌処理型+茎葉処理型除草剤は、成分が植物の葉や茎から吸収され、すばやく枯らします。さらに、成分は土壌に移行して、雑草の根からも吸収され徐々に雑草を枯らします。それと共に土壌に処理層を形成するので、長期間雑草の発生を抑えることができます。

例えばこんな商品があります

例えばこんな商品があります

ネコソギロングシャワーV8

土壌処理型+茎葉処理型除草剤のまき方

天気が良く、風のない日に散布しましょう。散布後すぐに雨が降ると、薬剤が流されてしまい十分な効果が現れません。長く効かせたい場合は使用量の範囲内で土壌に十分しみ込む様にまきましょう。

土壌処理型+茎葉処理型除草剤のまき方

土壌処理型+茎葉処理型除草剤の効果

ドクダミ(30cm以下)㎡あたり
ネコソギロングシャワーV8 60ml/㎡散布時

使用時期の目安

使用時期の目安

動画で詳しく見る土壌処理型+茎葉処理型除草剤

注意 土壌処理型+茎葉処理型除草剤 使用上の注意

  • 植木等枯らしたくない植物の根が生えていると思われる場所には散布しないよう、十分注意してください。
  • 風が強いと薬剤が飛散し、思わぬところの植物を枯らしてしまう場合があるので、十分注意してください。
  • 成分は数時間で植物に移行します。
  • 散布直後に散布場所を歩き回ると、薬剤が落ちてしまい効果にムラが出てしまうことがあるので、散布当日はその場所へ入らないようにしてください。
    ※それぞれの商品ラベルの記載に従って散布します。

土壌処理型+茎葉処理型除草剤の効果

持続性・速効性は?

土壌処理型+茎葉処理型はすばやく効果が現れ、長期間効果が持続します。
※土壌や気象条件、散布時期、使用量、草の種類等により差が生じます。

効果写真

関連商品

NEWネコソギロングシャワーV8

ネコソギ液剤史上最長の持続効果!

詳しく見る
  • 土壌処理型+茎葉処理型除草剤商品へ
  • 使い方TOPへ戻る