HOME > 会社案内 > 沿革

会社案内

沿革

昭和35年4月 故塩井健男が武田薬品工業(株)を定年退職後、他社に先駆け、日本初の園芸用エアゾール式殺虫剤(バラギク殺虫剤)の製造販売を開始。
昭和41年3月 資本金200万円をもって、株式会社東和商会を設立。代表取締役に塩井健男が就任。
昭和41年3月 会社名をレインボー薬品株式会社に改めるとともに代表取締役に塩井一浩が就任。
昭和50年8月・11月 東京都中央区日本橋に本社移転。
資材調達合理化並びに宣伝・企画充実のためレインボー企画株式会社を設立。
昭和53年9月 大阪駐在所開設。
昭和56年4月 開発部門・製造部門・発送部門充実のため、春日部市栄町に春日部事業所開設。
昭和57年12月 寺院・霊園への販売強化のため株式会社一休堂設立。
昭和60年11月 大阪駐在所を大阪営業所に昇格。大阪府池田市に事務所開設。
昭和61年1月 本社を東京都中央区銀座に移転。
昭和62年10月 福島工場開設。
平成3年3月 東日本地区の物流拠点として栃木物流センター開設(第1期工事)
平成4年1月 春日部事業所の生産設備を福島工場に移転し、生産を統合。
平成6年3月・4月 本社事務所を東京都文京区に移転。
栃木物流センターの第2倉庫竣工。福岡出張所開設。
平成11年7月 栃木物流センター第3期増設。倉庫棟3棟、事務所棟1棟に整備完了
平成14年1月 住友化学工業株式会社が当社株式の60%を取得。同社の子会社となる。
平成14年6月 株式会社一休堂の全株式を売却。経営を分離。
平成15年9月 代表取締役に小西弦が就任。
平成16年12月 栃木物流センター第4期増設。
平成17年7月 代表取締役に大塩裕陸が就任。
平成19年6月 代表取締役に滝口健一が就任。
平成20年5月 本社を東京都荒川区に移転。
平成28年11月 本社を東京都台東区に移転。
平成29年7月 東京電力(株)福島原子力発電所の事故により休業中の福島工場を閉鎖。
平成29年10月 住化グリーン株式会社と合併。